≪イベント≫6/23(土) トークトリップ【みんなの知らない瀬戸内海暮らし】

海なし県発→離島行き

トークトリップ

【みんなの知らない瀬戸内海暮らし。】

ご予約受付中!

33942288_103996133829067_1695130141832773632_n

その地へと

アートを見に来た観光客が、

ヒトやコトのリピーターになる。

とある離島の、暮らしの話。


 

草間彌生さんの赤かぼちゃを始めとするアート作品、地中美術館や、瀬戸内国際芸術祭などにより、近年アートの島として脚光を浴びている瀬戸内海の直島。その直島の100m隣に浮かぶ向島(むかえじま)。直島に渡る岡山側の玄関口である宇野港のある玉野市宇野駅近辺。このエリアで、移住者たちによるムーブメントが起きているのをご存じですか?

 

今回は、直島・向島・宇野へ移住し、様々なコトを仕掛けている2人のゲストをお招きして、瀬戸内海の離島で起きているいくつかのコト、住むヒトの生活、働き方、恋愛事情、などなど「みんなの知らない瀬戸内海暮らし」を伝えるトークショーをKAKAMIGAHARA STANDで開催!

 

メディアでは伝えきれない、奇跡の様な宇野の町の活性の様子や、大自然と世界的な現代美術にあふれた直島・向島での暮らしの、これまでのこと、これからのこと。成果だけでなく問題点や課題点まで赤裸々に、移住者だからこそわかるエトセトラをお話し頂きます!

 

海なし県 岐阜・各務原から瀬戸内海の離島へ、1時間半のトーク旅。

 

ご予約お待ちしております*

 

 

■日時■

6月23日(土)

19:30〜21:00(19:00受付開始)

※トークショー終了後は閉店まで交流会となります。

※定員30名(要予約)

※イベント開始10分前までにKAKAMIGAHARA STANDレジにて受付をお済ませ下さい。

 

■場所■

KAKAMIGAHARA STAND

〒504-0836 岐阜県各務原市那加雲雀町10‐4

 

■参加費■

¥500円+1ドリンクオーダー

※当日受付にてお支払いください。

 

■ゲスト■

よっちゃん/タケナカヨシオ (ゲストハウス向島集会所管理人/漁師)

34070284_1433314173441319_1054617562991558656_n

瀬戸内海にあるアートで有名な島、直島の100m程離れた所に浮かぶ人口12名ほどの向島在住。

ゲストハウス向島集会所の管理人にして現役の漁師。

日本国内を放浪中の2010年に直島、向島、向島集会所と出会い、地元である岐阜から香川県の向島に移住。直島一のおしゃれカフェで働きながら漁師も行うという二足の草鞋を経験した後の2013、休業状態だった向島集会所を引き継ぎ2代目の管理人を襲名。現在もゲストハウス管理人と漁師という二足の草鞋を履き、9.9馬力の自分の船で瀬戸内海の海を疾走中。未婚。

 

森岡友樹(間取りスト/物件ファン/アーティスト)

34102357_1433314400107963_3959760448760315904_n

大学在学中に村上隆に見初められ 10 代でアーティストデビュー。 国内外で個展、グループ展参加。受賞歴少々。独立後、主にプランニングの仕事をする傍ら不動産領域での活動も開始。面白い間取り図を皆で眺めて楽しむ「間取り図ナイト」を全国ツアー含み延べ 50 回以上開催し、ほぼ毎回完売の人気イベントに育てる。2009年に向島のある瀬戸内海に移住開始しゲストハウス向島集会所を始め幾つかの事業を立ち上げ、岡山県玉野市の地域活性に携わる等するものの全てを人に譲り任せ、2016年「物件ファン」立ち上げをきっかけに国内外で手打うどんを打ちながら移動し続ける二拠点暮らし、そして多拠点暮らし(無拠点暮らし?)を開始。職も住所もどんどん曖昧になっていく。未婚。

 

■申し込み方法■

LINEまたはメールにて、下記の1~3をお伝えください。

1.イベントタイトル

2.お名前/人数

3.お電話番号

[LINE]

「かかみがはら暮らし委員会」の公式アカウント(line.me/R/ti/p/@bpv6258fにメッセージをお送りください。

[メール]

event@mktbiyori.com

[店頭、お電話]

KAKAMIGAHARA STAND

住所:〒504-0836 岐阜県各務原市那加雲雀町10‐4

TEL:058-389-8979

営業時間:10:00~22:00

定休日:木曜日

担当:戸髙

 

 

***********

 

こんにちは!暮らし委員会の つっつ です。未婚です。

今回は、素敵なゲストの方々が各務原へ「島のお話」を持ってきてくれることになりましたよ!

(プロフィールの時点でもう面白い。)

 

 

さて、今回のトークイベント「島のお話」の舞台となるのは瀬戸内海の離島、直島・向島

アートの印象が強いこの地域では、アートではなく、その土地の“ヒト”“コト”のリピーターになる人が増えているのだそう。

 

今、このエリアでいったい何が起きているんでしょうか?

 

34016709_103996263829054_6816199268680859648_n

 

お話し頂くのは、住んでいるからこそ分かる「観光」ではなく「暮らし」の視点で伝える島のコト。

 

夜の散歩で遭遇するのは、たぬき。

真っ暗な海に浮かぶ小舟から眺める満点の星空。

航跡に光る海ほたる、新鮮な魚の美味しさ。

交通手段は主に船。

 

溢れるほどの自然に囲まれた島での暮らしの、リアルな日常。

(想像しただけで移住を考えたくなります。)

 

 

そもそも僕ら海なし県民にとって、島での暮らしって色々イメージが湧かないし、疑問がたくさん。

 

電車のように船にのる?!

買い物はどうしてるの?

病院は?

デートはどこ行くの?岬?

 

などなど、当日はみんなで色んな疑問をぶつけてみましょう!

 

34047635_103996017162412_5290963112361459712_n

 

さらに今回は、直島や豊島などに渡る岡山側の玄関口 宇野港のある、岡山県玉野市宇野駅近辺のお話も!

 

“再活性不可能”と言われた宇野のまちには移住者が始めたゲストハウスや雑貨屋さん、コーヒーショップや飲食店が続々とオープン!街が徐々に賑わいを取り戻し始めたきっかけ、その仕組みとは?!

 

こちらもワクワクする内容!実際にこの地に移住し、ムーブメントを起こしている今回のゲストのお二人が、成功体験から課題点、これからの話までしてくださるそうです!!(豪華か)

 

33942288_103996133829067_1695130141832773632_n

 

海なし県 岐阜・各務原から瀬戸内海の離島へのトークの旅へ、ぜひお越しください*

 

(文:かかみがはら暮らし委員会/戸髙 翼)

 

*********************

 

==============================

かかみがはら暮らし委員会

住所:〒504-0836 岐阜県各務原市那加雲雀町10‐4

TEL:058-389-8979

Instagram

 

KAKAMIGAHARA STAND

住所:〒504-0836 岐阜県各務原市那加雲雀町10‐4

TEL:058-389-8979

営業時間:10:00~22:00

定休日:木曜日

Instagram

twitter

facebook

===============================

関連ニュース