3/5(日)開催!”子どものための”カメラワークショップ【かわいい子には”カメラ”をさせよ。】

“子どものための”カメラワークショップ

【かわいい子には『カメラ』をさせよ】

24100

 

 

 

■内容■

 

プロのフォトグラファーを先生に迎えて、

学びの森で「子供たちだけで」撮影会をやります!

 

普段、自分で写真を撮ることの少ない子どもたち

この日はカメラを持って

先生に教わりながら、自分で写真を撮ります。

 

PP_syashinwotoriau_TP_V

 

簡単な、撮り方の基本やコツを教わってから

撮りたいものを自分で探し、シャッタ-を切ることで

写真を撮ることの楽しさを知ろう!

 

さらには 『カメラ』 を通じて

生きていく上でも大切なことを学べる

体験型イベントです!

 

 

KAKAMIGAHARA STAND

おやつを食べながら、

自分が撮った写真と

他の子が撮った写真をみて、

先生から1人ずつ

コメントをもらって学びを深める時間も!

 

イベントの最後には先生から素敵なプレゼントが?!

 

子供たちが親のもとから離れて自発的に楽しめる、とっても内容の濃い3時間となっておりますので

ぜひチェックしてみてください*

 

+++++

 

■日時■

3/5(日)

 

午前の部:10:00〜13:00

※9:30~9:50までに必ずレジにて受付お願いいたします。

 

午後の部:14:00〜17:00

※13:30~13:50までに必ずレジにて受付お願いいたします。

 

※各部定員10名まで

 

 

■場所■

KAKAMIGAHARA STAND (学びの森公園内)

 

 

■参加費■

¥2000 (お子さまにドリンクとおやつ付き)

※当日受付時にお支払いください。(クレジットカード不可)

 

 

■対象■

 小学生(6才~12才)

 

 

■持ち物■

 

カメラ(デジカメ、一眼レフ、スマホなど、撮ってその場で見られるものであればOKです!)

メモリーカード(SDカード、CFカードなど)、USBケーブルなどパソコンで画像が取り込めるもの

※撮った写真のデータをパソコンに移し、プロジェクターで投影しながら解説する時間があるため、データを移行できるものをご持参ください。

※わからない場合はお申し込みの宛先までご連絡くださいね。

 

 

■当日のスケジュール■

 

保護者の方とお子様と一緒にKAKAMIGAHARA STANDにて受付を致します。

受付からイベント終了まで、お子様はスタッフがお預かり致します。

保護者の方は終了までご自由にお過ごしください。

 

保護者の方はイベント終了時刻に合わせてKAKAMIGAHARA STANDへお迎えにいらしてください。

 

※イベントはお子様のみのご参加となります。保護者の方の、イベント中の同行はご遠慮下さい。

※保護者の方がSTAND内で過ごされる場合は、カフェのご利用をお願いいたします。

※イベント中は、講師以外にもスタッフがつき、安全には十分に配慮いたしますのでご安心ください。

※雨天決行

 

 

■講師■

 

unnamed

 

高田 沙織

KAKAMIGAHARA STAND にて2/25(土)から開催する写真展 【park’ment】 に出展。

フォトグラファーとして、スタジオから依頼をうけて小学校などで撮影を行いながら、自身でのギャラリー出展も行う。

 

活動経歴

2011年・12年グループ展 「光影展」 @岐阜県美術館

2015年 グループ展「Intersection」 @#1010

2017年 グループ展 「XROAD」 @愛知芸術文化センター

 

 

 

++++

 

今回のフォトイベント

参加するのはお子さまだけ

 

怪我はしないか、

迷惑はかけないか、

 

心配、不安なお気持ちはとてもよく分かりますが、

 

かわいい子にはなんとやら。

 

どうか送り出してあげて欲しいと思います。

 

 

送り出して何が得られるの??

 

ANJIMG_3855_TP_V

 

おっしゃる通りです。。

 

 

イベントに参加したお子さまは

 

プロが教える撮り方の基本コツ

 

「写真を撮ること」のおもしろさ

 

子どものうちに身につけたかった 大切なこと

 

この3つ

自分で写真を撮ることで

体感しながら、学ぶことができます!

 

 

kid0086-009

 

 

~イベントで学べる3つのことについて~

 

 

① プロが教える撮り方の基本やコツ

 

逆光って?

フラッシュのたき方、たくとどうなるの?

ピントの合わせ方は?

 

などの、

カメラの基本知識をもとに

角度を変えてみたり、撮り方を変えてみたり、、

 

「写真っていろんな撮り方ができるんだ!」

 

ということを

実際に写真を撮りながら、楽しく学びます◎

 

 

② 「写真を撮ること」のおもしろさ

 

「写真の撮り方に正解はなくて、

好きなものを、自由に撮っていい。」

 

この、先生が大切にしている姿勢と

教わった基本をふまえ

自由に、どんどん写真を撮ってみます!

 

何を撮るのか

ピントをどこに合わせるのか

上から撮ったり、寝転がって撮ったり、、

 

「次は違うものを撮ってみたい!」

 

と思えるような

自由だけど、奥が深い 『カメラ』 のおもしろさ

先生と一緒に写真を撮ることで学びます◎

 

イベント後はお母さんのスマホでパズ〇ラではなく

カメラを開くようになるかも、、?!

 

HIRO_P6270013_TP_V

 

 

③ 子どものうちに身につけたかった 大切なこと

・何か1つのことが上手くいかなかったときは

→ 切り口を変え、違う方法で試してみる。

 

・終わってから「あのとき、ああしておけば、、」と後悔しないよう

→ 1つ1つの出来事を大切にする。

 

・つまらない、苦しいのを、環境のせいにするのではなく

→自分の視点を変え、行動を変え、環境に対応していけばいい。

 

 

これらは全て、先生自身が

「写真を撮る」中で気づき、学んだことだそう。

 

今回のイベントで

 

「どうしてもこれを、子どもたちに伝えたい!」

 

と、先生は言います。

 

 

こうした学びは

形は違えど誰しも大人になる過程で、

身をもって学んできたこと。

 

学校では教えてくれない、

一般教養と同じくらい、もしくはそれ以上に大切なこと。

いわば、人生のコツ

 

「もっと早く学んでおきたかった。」

と、思うからこそ

大切な自分の子どもには伝えてあげたい

こう感じている方や、

実際に伝えている方も多いのではないでしょうか?

 

PPS_hirobanooyako_TP_V

 

でも、“伝える”のと、“伝わる”のは別の話で

いくら口を酸っぱくして言っても

子どもの耳には右から左へ、、

なんてことは良くある話。

(僕自身も耳のいたい話ですが。。)

 

結局、自分たちがそうだったように

身をもって「体感」しなければ本当の学びは得られない。

 

ただ、「体感」するには

つらい思いや、苦しみがつきもの。というイメージ、、

 

今回はそんな凝り固まったイメージを、

『カメラ』 という切り口から

打ち破ってみたいと思います!

 

先生自身が

大好きな『カメラ』から学んだように

 

写真を撮るという「行動」を

遊ぶように楽しむ中で、

 

「体感」しないと得られないような

子どものうちに身につけたかった大切なこと

ついでに学んじゃう。

 

これは、新しい可能性へのチャレンジだ!(言い過ぎ?)

 

ANJ16040354IMG_0969_TP_V

 

 

 

「体感」し、学びを得て、

成長して欲しいと願うから

 

ライオンは、子を谷に突き落とす。

 

人は昔から、かわいい子にこそ「旅」をさせる。

 

私たち、かかみがはら暮らし委員が提案するのは、

 

お子さまが、楽しみながら体感し、

 

学びを得られるカメラワークショップ

 

【かわいい子には『カメラ』をさせよ】

 

 

 

お申し込みお待ちしております!!

 

 

 

(KAKAMIGAHARA STAND / 戸髙 翼)

 

p.s

長い、長い文章を最後まで読んでいただき

ありがとうございました*

 

++++

 

予約受付中!

(定員に達し次第受付終了となります。)

 

メールでイベント申込をする場合■

 

event@mktbiyori.com

①イベント名

②保護者の方のご氏名、お子様のご氏名

③お子様の参加人数

④携帯電話番号

⑤参加希望時間 (午前/午後)

以上をご記入の上送信してください。

受信しましたら、確認の為に返信メールを送ります。

2〜3日の間に返信メールがない場合は迷惑メールなどではじかれている場合がありますので、下記の店舗へお電話にてお問い合わせください。

 

 

店頭でイベント申込をする場合■

 

下記にお電話ください。(お問い合わせなどもお気軽に)

KAKAMIGAHARA STAND

住所:〒504-0836 岐阜県各務原市那加雲雀町10‐4

TEL:058-389-8979

営業時間:10:00~17:00

定休日:木曜日

担当:戸髙

 

2017-02-10 | Posted in KAKAMIGAHARA STAND, ニュースNo Comments » 

関連ニュース